NHK“夜の顔”河野氏起用も「現場の舵取り難しくなる」の声

公開日:  更新日:

 3日に開かれた2015年度NHK新キャスター発表会。この手の会見では「主役=女子アナ」が相場だが、今回、スポットライトを浴びたのは男性だった。

 同局の新たな「夜の顔」を務める河野憲治報道局国際部長(52)。「安倍政権に疎まれ、局内では1月末の降板説もあった」(事情通)という大越健介キャスター(53)に代わり、4月から「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターとして茶の間に登場する。

 15年以上の海外特派員経験を持ち、ワシントン支局長も歴任した自他ともに認める“国際派”。2011年4月から1年間、BSの「ワールドWaveトゥナイト」のキャスターを務めた経験もある。5年続いた「大越体制」の後で注目度は抜群だが、一体、どんな番組を目指すのか。冒頭の挨拶で方向性についてこう打ち出した。

「NHKの強みは世界各国に記者を配置する取材網。原点に戻って、いま世界中で起こっている出来事をどこよりも早く正確に伝えていきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る