NHK“夜の顔”河野氏起用も「現場の舵取り難しくなる」の声

公開日:  更新日:

 3日に開かれた2015年度NHK新キャスター発表会。この手の会見では「主役=女子アナ」が相場だが、今回、スポットライトを浴びたのは男性だった。

 同局の新たな「夜の顔」を務める河野憲治報道局国際部長(52)。「安倍政権に疎まれ、局内では1月末の降板説もあった」(事情通)という大越健介キャスター(53)に代わり、4月から「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターとして茶の間に登場する。

 15年以上の海外特派員経験を持ち、ワシントン支局長も歴任した自他ともに認める“国際派”。2011年4月から1年間、BSの「ワールドWaveトゥナイト」のキャスターを務めた経験もある。5年続いた「大越体制」の後で注目度は抜群だが、一体、どんな番組を目指すのか。冒頭の挨拶で方向性についてこう打ち出した。

「NHKの強みは世界各国に記者を配置する取材網。原点に戻って、いま世界中で起こっている出来事をどこよりも早く正確に伝えていきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る