• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

NHK“夜の顔”河野氏起用も「現場の舵取り難しくなる」の声

 3日に開かれた2015年度NHK新キャスター発表会。この手の会見では「主役=女子アナ」が相場だが、今回、スポットライトを浴びたのは男性だった。

 同局の新たな「夜の顔」を務める河野憲治報道局国際部長(52)。「安倍政権に疎まれ、局内では1月末の降板説もあった」(事情通)という大越健介キャスター(53)に代わり、4月から「ニュースウオッチ9」のメーンキャスターとして茶の間に登場する。

 15年以上の海外特派員経験を持ち、ワシントン支局長も歴任した自他ともに認める“国際派”。2011年4月から1年間、BSの「ワールドWaveトゥナイト」のキャスターを務めた経験もある。5年続いた「大越体制」の後で注目度は抜群だが、一体、どんな番組を目指すのか。冒頭の挨拶で方向性についてこう打ち出した。

「NHKの強みは世界各国に記者を配置する取材網。原点に戻って、いま世界中で起こっている出来事をどこよりも早く正確に伝えていきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る