日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シンママが板についた竹内結子 共演者イジリで“舌好調”

 3日、サントリーの期間限定ショップ「Master’s Dream Lounge」のオープン発表会に出席した竹内結子(34)。ビールを思わせる黄金色のドレスで登場すると、CMの音楽を担当した作曲家の久石譲(64)やCM内で「夢」という字を書いた書道家の武田双雲(39)と共にビールを手に乾杯した。

 武田が「“酔拳”じゃないけど、ベロベロの状態で作曲する久石さんを見たい」と話すと久石は「ねえよ!」と鋭いツッコミ。竹内が「武田さんはベロベロで書を書いたりするんですか?」とまぜ返すと、武田は「ねえよ!」と返して会場を沸かせていた。竹内は武田が「夢」の書をしたためるパフォーマンスを披露したときも、「本当に書道家だったんだ。さっきまでただの明るいおしゃべりなお兄さんだと思っていた」とからかうなど“舌好調”。

 1月末には元夫・中村獅童(42)が再婚して話題になったが、シングルマザーになって久しい竹内の男関係の話はとんと漏れ伝わらない。再婚は“ねえよ”!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事