女性誌最新号に「清原亜希」で登場 離婚後もモデル名変えず?

公開日: 更新日:

 元プロ野球選手の清原和博(47)と離婚した亜希元夫人(45)がモデルを務める女性誌「Marisol」の11月号が7日、発売された。

 この号は、清原亜希にとって離婚発表後の“初仕事”。それだけにモデル名がどうなるのか注目されたが、クレジットは「清原亜希」のまま。本名の「木村亜希」で心機一転、とはならなかった。

「木村亜希」に戻さなかった理由について、所属事務所は「ノーコメント」。あるファッション誌のライターは、「校了や印刷スケジュールの都合などで、変更が間に合わなかった可能性があります」と言うが、実は今後も「清原亜希」のままで活動する可能性がありそうだ。彼女の先輩にあたる、“チコさん”こと黒田知永子(53)の成功例があるからだ。

 黒田知永子が2008年3月で女性誌「STORY」の表紙モデルを卒業すると、後任に抜擢されたのは清原亜希。チコさんは2007年に離婚したものの、本名に戻さず、現在も女性から絶大な支持を得て、雑誌やテレビで活躍中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    コロナ禍で強行 麻生派「飲食なし」2万円パーティーの中身

  8. 8

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  9. 9

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る