女性誌最新号に「清原亜希」で登場 離婚後もモデル名変えず?

公開日:  更新日:

 元プロ野球選手の清原和博(47)と離婚した亜希元夫人(45)がモデルを務める女性誌「Marisol」の11月号が7日、発売された。

 この号は、清原亜希にとって離婚発表後の“初仕事”。それだけにモデル名がどうなるのか注目されたが、クレジットは「清原亜希」のまま。本名の「木村亜希」で心機一転、とはならなかった。

「木村亜希」に戻さなかった理由について、所属事務所は「ノーコメント」。あるファッション誌のライターは、「校了や印刷スケジュールの都合などで、変更が間に合わなかった可能性があります」と言うが、実は今後も「清原亜希」のままで活動する可能性がありそうだ。彼女の先輩にあたる、“チコさん”こと黒田知永子(53)の成功例があるからだ。

 黒田知永子が2008年3月で女性誌「STORY」の表紙モデルを卒業すると、後任に抜擢されたのは清原亜希。チコさんは2007年に離婚したものの、本名に戻さず、現在も女性から絶大な支持を得て、雑誌やテレビで活躍中だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る