スタッフ受けは最悪…ダル前妻・紗栄子の“超ワガママ伝説”

公開日: 更新日:

紗栄子は現場では“姫”。とにかくワガママでいつも組んでいるファッション誌のメンバーとでなければ仕事を受けないこともある。仕事相手も名刺の肩書で対応を変える腹黒ぶり。付き合って損か得かの判断は瞬時です。特に彼女が表紙を務めている雑誌『sweet』の編集長とは昵懇の間柄。紗栄子効果で売れるようになったので周りもチヤホヤせざるを得ず、どんどん調子に乗っています。ケータリングも気に入らない菓子類やごはんがあるとスタッフに『これヤダー』と文句を言ったり、子供の面倒をスタッフに見させたりするなど嫌われてもお構いなし。読者からはカリスマ的人気があってもスタッフ受けはすこぶる悪い。そんな環境に慣れている紗栄子が再婚したとしても、つつましい妻になるなんて無理だと周囲は思っている」(ファッション誌関係者)

 ダルとの関係を暴露した元OLによると、ダルは紗栄子について「顔がタイプだったからセックスしたら1回で子供ができてビックリした」とピロートークで語ったという。とはいえ、紗栄子も立派なアラサー。昨年5月には音楽家の大沢伸一氏(48)との交際が報じられたが、ダルへの当てつけのように再婚するのか気になるところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  6. 6

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  7. 7

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  10. 10

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る