元お天気お姉さん相沢早苗 和田アキ子専属マッサージ時代も

公開日:  更新日:

 今はお天気キャスター、昔はお天気お姉さん。80年代前半から90年代半ばにかけてTBS系の「お天気ネットワーク」や「日本列島あしたのお天気」で人気だった相沢早苗さん(56)はその親しみやすさから、まさにお天気お姉さんだった。今どうしているのか。

「お待ちしてました」

 赤坂はTBS本社そばの「さなえ健康工房」を訪れると、笑顔の相沢さんがいた。

「ここは私が代表で、開業して19年目になります。借りてるスペースの約半分は、夫が社長のテレビ番組制作とイベント企画会社『大沼企画』のオフィス。ただ、ここ3、4年は整体治療以外の仕事が忙しくて、受け付けてるのは以前からのお客さまだけで要予約。ホント、申し訳ないんですが」

 お天気お姉さんがなぜに整体師に?


「長野の実家が農家でしてね。農作業で疲れた祖父母や両親のために、物心ついた時から見よう見真似でマッサージを覚えたのが最初でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る