ネイルサロン経営 元ミステリーハンター岡田薫の紆余曲折

公開日:  更新日:

 長寿番組の代表格「世界ふしぎ発見!」(TBS系)で2000年から約2年間、ミステリーハンターを務めていた岡田薫さん(36)。世界の秘境に体当たりで飛び込み、可愛い顔してカブトムシをバリバリかじったり、カイコをおいしそうに食べる姿が印象的だった。今どうしているのか。

「大学生の時に『世界ふしぎ発見!』に出て以来、約12年間、芸能界で活動しながら、夢だったCMやドラマ、映画にも声をかけていただきました。でも、主役を張れるほどじゃなく、自分でも演技に限界を感じてて、ある瞬間、向いてないな、って悟ったんです。で、芸能界を引退し、もうひとつの夢だったネイルサロンをオープンしました」

 会ったのはそのネイルサロン「Lagoon」。約40平方メートル、5席。JR恵比寿駅に近い。

「爪が弱くて、すぐ折れちゃう。それが学生の頃からの悩みで、爪を気にするあまり、性格的にも内向的でした。ですが、ネイルアートに出合って自信が生まれましてね。極端な話、モデル事務所を受けたのも、タレントになれたのもネイルのおかげ。いつかネイルの力でみんなをハッピーにしたいと思ってたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る