爆問太田も絶賛 チョコレートプラネットは“一発”なき実力派

公開日: 更新日:

 爆笑問題太田光が自身のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBS)で、コントの日本一決定戦「キングオブコント(KOC)2014」に触れて、「チョコレートプラネットが面白かった。ちょっと事件だね」と絶賛。ネットでも「優勝したシソンヌよりも面白かった」という意見が飛び交い、一躍名を馳せた。

 自作の小道具を使った演技力の求められるコントが持ち味。爆笑の太田が絶賛したのも、わざわざ有料の職人を呼んで工具を使ってポテトチップの袋を開けるネタだった。大御所・萩本欽一も彼らの手さばき、足さばきを絶賛し「ネタが悪くて負けちゃったけど、動きはピカイチだった」と評したほど。

 結成は06年。ネタを書くのが、美術学校を卒業し、陶芸教室の先生をしていた長田庄平。将来、実家の町工場を継ぐ人生に限界を感じ、上京して東京NSCに入学。ツッコミ担当の松尾駿は、高卒後、段ボール工場やユニクロで働いていたが、働いて寝るだけの生活を妹につまらないと批判され、お笑いの世界に。そんな2人が東京NSCで出会った。当初はそれぞれ別のグループを組んでいたが、仲間に勧められて「嫌々」コンビを結成。すると、すぐに頭角を現し、08年には「KOC」ファイナリストとなり、TBSの深夜番組「パワー☆プリン」のレギュラーを務めたが、好調の波は長く続かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  9. 9

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  10. 10

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

もっと見る