爆問太田も絶賛 チョコレートプラネットは“一発”なき実力派

公開日:  更新日:

 爆笑問題の太田光が自身のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBS)で、コントの日本一決定戦「キングオブコント(KOC)2014」に触れて、「チョコレートプラネットが面白かった。ちょっと事件だね」と絶賛。ネットでも「優勝したシソンヌよりも面白かった」という意見が飛び交い、一躍名を馳せた。

 自作の小道具を使った演技力の求められるコントが持ち味。爆笑の太田が絶賛したのも、わざわざ有料の職人を呼んで工具を使ってポテトチップの袋を開けるネタだった。大御所・萩本欽一も彼らの手さばき、足さばきを絶賛し「ネタが悪くて負けちゃったけど、動きはピカイチだった」と評したほど。

 結成は06年。ネタを書くのが、美術学校を卒業し、陶芸教室の先生をしていた長田庄平。将来、実家の町工場を継ぐ人生に限界を感じ、上京して東京NSCに入学。ツッコミ担当の松尾駿は、高卒後、段ボール工場やユニクロで働いていたが、働いて寝るだけの生活を妹につまらないと批判され、お笑いの世界に。そんな2人が東京NSCで出会った。当初はそれぞれ別のグループを組んでいたが、仲間に勧められて「嫌々」コンビを結成。すると、すぐに頭角を現し、08年には「KOC」ファイナリストとなり、TBSの深夜番組「パワー☆プリン」のレギュラーを務めたが、好調の波は長く続かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る