「なんのっ!?」で人気 ピスタチオのボケ役は元NO.1ホスト

公開日: 更新日:

 昨年暮れの「アメトーーク!年末5時間SP」(テレビ朝日系)内の好評企画「第2回ザキヤマ&フジモンがパクりたい1グランプリ」で人気のクマムシを抑えて優勝。お笑いニューウエーブの一角に食い込んできたのがピスタチオだ。

「なんのっ?」などの妙なツッコミと、相方を無視したようなゆったりテンポのトーク。何よりしゃべるたびに変顔をして白目を剥く独特のスタイルが気持ち悪いけどハマってしまう。同番組でも、ゲストで出演した能年玲奈が彼らの白目芸を絶賛したほどだ。

 結成は2010年。当初は普通の漫才をしていたが、今の芸風にたどり着き、13年ごろからコアなファンを増やしてきた。持ちネタにはコントもあるが、コントでもその独特のスタイルを崩さない徹底ぶりで、テレビ出演の機会も増えている。

 注目されている理由のひとつは、売れ始めるまで歌舞伎町のホストクラブ「アスキー」で働きながら芸人をしていたという、主にボケ役の伊地知大樹の経歴にある。「春風亭嵐」という名前でナンバーワンホストだったというのだ。最も売れていた時代には月に400万円稼いでいたというから驚きだ。相方の小澤慎一朗は、長身低体重でアンガールズ風の体型と髪形でネタの雰囲気そのもの。中学時代から恋人はおろか友達もいなかったと熱く語るという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

もっと見る