「なんのっ!?」で人気 ピスタチオのボケ役は元NO.1ホスト

公開日: 更新日:

 昨年暮れの「アメトーーク!年末5時間SP」(テレビ朝日系)内の好評企画「第2回ザキヤマ&フジモンがパクりたい1グランプリ」で人気のクマムシを抑えて優勝。お笑いニューウエーブの一角に食い込んできたのがピスタチオだ。

「なんのっ?」などの妙なツッコミと、相方を無視したようなゆったりテンポのトーク。何よりしゃべるたびに変顔をして白目を剥く独特のスタイルが気持ち悪いけどハマってしまう。同番組でも、ゲストで出演した能年玲奈が彼らの白目芸を絶賛したほどだ。

 結成は2010年。当初は普通の漫才をしていたが、今の芸風にたどり着き、13年ごろからコアなファンを増やしてきた。持ちネタにはコントもあるが、コントでもその独特のスタイルを崩さない徹底ぶりで、テレビ出演の機会も増えている。

 注目されている理由のひとつは、売れ始めるまで歌舞伎町のホストクラブ「アスキー」で働きながら芸人をしていたという、主にボケ役の伊地知大樹の経歴にある。「春風亭嵐」という名前でナンバーワンホストだったというのだ。最も売れていた時代には月に400万円稼いでいたというから驚きだ。相方の小澤慎一朗は、長身低体重でアンガールズ風の体型と髪形でネタの雰囲気そのもの。中学時代から恋人はおろか友達もいなかったと熱く語るという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  7. 7

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  8. 8

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る