「なんのっ!?」で人気 ピスタチオのボケ役は元NO.1ホスト

公開日:  更新日:

 昨年暮れの「アメトーーク!年末5時間SP」(テレビ朝日系)内の好評企画「第2回ザキヤマ&フジモンがパクりたい1グランプリ」で人気のクマムシを抑えて優勝。お笑いニューウエーブの一角に食い込んできたのがピスタチオだ。

「なんのっ?」などの妙なツッコミと、相方を無視したようなゆったりテンポのトーク。何よりしゃべるたびに変顔をして白目を剥く独特のスタイルが気持ち悪いけどハマってしまう。同番組でも、ゲストで出演した能年玲奈が彼らの白目芸を絶賛したほどだ。

 結成は2010年。当初は普通の漫才をしていたが、今の芸風にたどり着き、13年ごろからコアなファンを増やしてきた。持ちネタにはコントもあるが、コントでもその独特のスタイルを崩さない徹底ぶりで、テレビ出演の機会も増えている。

 注目されている理由のひとつは、売れ始めるまで歌舞伎町のホストクラブ「アスキー」で働きながら芸人をしていたという、主にボケ役の伊地知大樹の経歴にある。「春風亭嵐」という名前でナンバーワンホストだったというのだ。最も売れていた時代には月に400万円稼いでいたというから驚きだ。相方の小澤慎一朗は、長身低体重でアンガールズ風の体型と髪形でネタの雰囲気そのもの。中学時代から恋人はおろか友達もいなかったと熱く語るという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る