どぶろっく 後続クマムシに歌ネタ押され露出激減の大ピンチ

公開日: 更新日:

 昨年、流行語大賞こそ取り損ねたが、「♪もしかしてだけど~」の歌ネタで大ブレークした、どぶろっく。この3月4日には、関根勤初監督映画「騒音」の映画主題歌として書き下ろした「テカる星屑達」がカップリングされたニューマキシシングル「新○○な女」をリリースし、“歌手活動”は順調。だが、肝心の“芸人活動”では強力なライバルの出現で、以前の勢いがまったくなくなり大ピンチに陥っている。

 そのライバルが「♪あったかいんだからぁ」で大ブレークしたクマムシだ。いまや「歌ネタ芸人」は彼らの代名詞になり、メディアに露出しまくる彼らに押され、年末年始ごろには出演しまくったテレビ番組も取って代わられ、どぶろっくのテレビ出演回数が激減してきた。

 ただ、彼らにとってピンチは今回だけではない。昨年7月、歌担当の江口直人が特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育し、外来種被害防止法違反の疑いで書類送検されたことで、テレビ局はどぶろっくの起用に二の足を踏み、仕事が減ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る