どぶろっく 後続クマムシに歌ネタ押され露出激減の大ピンチ

公開日: 更新日:

 昨年、流行語大賞こそ取り損ねたが、「♪もしかしてだけど~」の歌ネタで大ブレークした、どぶろっく。この3月4日には、関根勤初監督映画「騒音」の映画主題歌として書き下ろした「テカる星屑達」がカップリングされたニューマキシシングル「新○○な女」をリリースし、“歌手活動”は順調。だが、肝心の“芸人活動”では強力なライバルの出現で、以前の勢いがまったくなくなり大ピンチに陥っている。

 そのライバルが「♪あったかいんだからぁ」で大ブレークしたクマムシだ。いまや「歌ネタ芸人」は彼らの代名詞になり、メディアに露出しまくる彼らに押され、年末年始ごろには出演しまくったテレビ番組も取って代わられ、どぶろっくのテレビ出演回数が激減してきた。

 ただ、彼らにとってピンチは今回だけではない。昨年7月、歌担当の江口直人が特定外来生物のカミツキガメを無許可で飼育し、外来種被害防止法違反の疑いで書類送検されたことで、テレビ局はどぶろっくの起用に二の足を踏み、仕事が減ってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  4. 4

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  5. 5

    貴乃花“流浪の父親”の現在地 長男&元妻との決裂は決定的か

  6. 6

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

  9. 9

    先行解除で“コロナ変異株”感染爆発の恐怖…既に市中感染か

  10. 10

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

もっと見る