「聞き取れず」の酷評も 渡辺謙にブロードウェーのシビアな目

公開日: 更新日:

「もうシーズン終盤かと思わせるような采配。和田さんの鬼の形相が見えるようです! ベンチにもファンにも、今シーズンの戦い方を知らしめるファンファーレなのかも。よっしやぁ!」

 ツイッターでこう吠えたのは俳優の渡辺謙(55)。大の虎キチだけに、74年ぶりの開幕戦サヨナラ勝利に黙っていられなかったのだろう。

 しかし、その渡辺、現在は米ブロードウェーでミュージカル「王様と私」のプレビュー公演に出演中だが、ひいきチームほどの勢いは感じられないという。12日のプレビュー初日から一夜明けた13日の会見を報じた日本のマスコミは「満員の大盛況」「カーテンコールは総立ちの拍手」といった記事が目立ち、絶賛の嵐だったが……。

「ブロードウェーのファンの目は世界一シビアです。プレビューを見たファンの交流サイトでは『存在感があり、声がいい』などと高評価がある一方、『セリフが何を言っているのか聞き取れないし、理解できなかった』『ポーランドの映画を字幕なしで5分間見せられたような気分だった』などの酷評が早くもも寄せられている。ブロードウェーの世界はプレビューを経て本公演の開幕初日に新聞や雑誌などの批評家を招待して“採点”してもらうシステム。好評ならロングラン公演になるし、酷評されたらチケットが売れないためすぐに閉幕してしまうケースもある。ハリウッドの人気女優が主役でも毒舌を浴びせられ、すぐに閉幕した作品もある。渡辺は初ブロードウェーだけに“お試し期間”のようなもので、コケたら二度と呼ばれることはないでしょう。本公演までに徹底的に英語力を磨く必要があります」(ブロードウェー事情に詳しい演劇関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  10. 10

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る