日本で活動のシャーロットに心配の声「好きなうちに帰って」

公開日: 更新日:

 27日のNHK情報番組「あさイチ」に出演し、有働由美子アナ(46)や通訳とともに号泣した「マッサン」エリー役のシャーロット・ケイト・フォックス(29)。歌手デビューが明らかになり、CM出演まで果たすなど引っ張りだこで、本人は日本で女優業を継続することを宣言、「日本に骨を埋める」とも報じられた。

 報道陣から外国人女優の日本での成功例が少ないことを指摘されると、「じゃあ(私が)変える!」と自信を見せていたシャーロットだが、実際、外国人女優は作品ありきの“外国人枠”として起用されることはあっても、日本のドラマ・映画業界に定着したケースは少ない。

 台湾出身のジュディ・オング(65)ら日本で成功したアジア圏の女優はいるが、欧米出身の女優は1979年に放送されたドラマ「熱中時代・刑事編」(日本テレビ系)に出演したミッキー・マッケンジー(水谷豊の前妻)を思い出す程度。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る