日本で活動のシャーロットに心配の声「好きなうちに帰って」

公開日:  更新日:

 27日のNHK情報番組「あさイチ」に出演し、有働由美子アナ(46)や通訳とともに号泣した「マッサン」エリー役のシャーロット・ケイト・フォックス(29)。歌手デビューが明らかになり、CM出演まで果たすなど引っ張りだこで、本人は日本で女優業を継続することを宣言、「日本に骨を埋める」とも報じられた。

 報道陣から外国人女優の日本での成功例が少ないことを指摘されると、「じゃあ(私が)変える!」と自信を見せていたシャーロットだが、実際、外国人女優は作品ありきの“外国人枠”として起用されることはあっても、日本のドラマ・映画業界に定着したケースは少ない。

 台湾出身のジュディ・オング(65)ら日本で成功したアジア圏の女優はいるが、欧米出身の女優は1979年に放送されたドラマ「熱中時代・刑事編」(日本テレビ系)に出演したミッキー・マッケンジー(水谷豊の前妻)を思い出す程度。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る