キムタクと“決別”のフジ 「デート」好調の杏をロックオンか

公開日: 更新日:

 連続ドラマを当てて、映画にして稼ぐ──。これはテレビ局のヒットの法則だが、浮上のきっかけが欲しいフジテレビが何か新たな映画コンテンツがないかと思案している。かつてフジは「踊る大捜査線」「海猿」という金脈があった。今年は木村拓哉(42)の「HERO」が7月に映画化されるが、問題はその次である。

 実はアテにしているのが現在、放送中の杏(28)主演の「デート~恋とはどんなものかしら~」。

「『デート』は平均視聴率13%弱で合格点とはいえませんが、杏と相手役の長谷川博己のトンガった演技が若い世代に受けている。『踊る~』のようなメガヒットは期待できないにしても、確実に採算ベースには乗るとみられています」(制作関係者)

 フジとしては、杏への気遣いもあるようだ。年明けに東出昌大(27)と結婚。その東出は今クールのフジの「問題のあるレストラン」に出演中で、大河ドラマ「花燃ゆ」と掛け持ち。そんな状態で夫婦でお世話になっているから、お返しをしたい事情がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  3. 3

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  4. 4

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  7. 7

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る