日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

キムタクと“決別”のフジ 「デート」好調の杏をロックオンか

 連続ドラマを当てて、映画にして稼ぐ──。これはテレビ局のヒットの法則だが、浮上のきっかけが欲しいフジテレビが何か新たな映画コンテンツがないかと思案している。かつてフジは「踊る大捜査線」「海猿」という金脈があった。今年は木村拓哉(42)の「HERO」が7月に映画化されるが、問題はその次である。

 実はアテにしているのが現在、放送中の杏(28)主演の「デート~恋とはどんなものかしら~」。

「『デート』は平均視聴率13%弱で合格点とはいえませんが、杏と相手役の長谷川博己のトンガった演技が若い世代に受けている。『踊る~』のようなメガヒットは期待できないにしても、確実に採算ベースには乗るとみられています」(制作関係者)

 フジとしては、杏への気遣いもあるようだ。年明けに東出昌大(27)と結婚。その東出は今クールのフジの「問題のあるレストラン」に出演中で、大河ドラマ「花燃ゆ」と掛け持ち。そんな状態で夫婦でお世話になっているから、お返しをしたい事情がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事