大病蹴散らし高座10日間“完走” 桂歌丸は「崎陽軒」がパワー源

公開日:  更新日:

「歌丸師匠の健康法ですか……う~ん、困りましたね、そもそも健康ではありませんもので」

 日曜夕方の演芸番組「笑点」の大喜利で円熟の司会ぶりを見せていると思ったら、先月の国立演芸場で約1時間の高座を10日間ぶっ通しで行い、大入りの客席を沸かせた。落語家、桂歌丸(78)が会長を務める落語芸術協会にそのパワーの秘密を聞こうと質問すると、冒頭のような言葉が返ってきた。歌丸は昨年3月に慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折で入院。さらに帯状疱疹などで入退院を繰り返し、今年1月にも肺炎で入院している。

「先の入院で2週間ベッドに横になっていたんで、足の筋肉が落ちて歩くのが難しくなってしまい、最近は車いすで移動しています。ただ正座して落語するのは苦しくないそうで、国立演芸場でも、初日、2日目くらいまで、一席を終えると『うっ』となっていたのが、3日目あたりから調子が出てきて、すっと立ち上がって自分の足で楽屋に戻って来てました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る