• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

大病蹴散らし高座10日間“完走” 桂歌丸は「崎陽軒」がパワー源

「歌丸師匠の健康法ですか……う~ん、困りましたね、そもそも健康ではありませんもので」

 日曜夕方の演芸番組「笑点」の大喜利で円熟の司会ぶりを見せていると思ったら、先月の国立演芸場で約1時間の高座を10日間ぶっ通しで行い、大入りの客席を沸かせた。落語家、桂歌丸(78)が会長を務める落語芸術協会にそのパワーの秘密を聞こうと質問すると、冒頭のような言葉が返ってきた。歌丸は昨年3月に慢性閉塞性肺疾患と肋骨骨折で入院。さらに帯状疱疹などで入退院を繰り返し、今年1月にも肺炎で入院している。

「先の入院で2週間ベッドに横になっていたんで、足の筋肉が落ちて歩くのが難しくなってしまい、最近は車いすで移動しています。ただ正座して落語するのは苦しくないそうで、国立演芸場でも、初日、2日目くらいまで、一席を終えると『うっ』となっていたのが、3日目あたりから調子が出てきて、すっと立ち上がって自分の足で楽屋に戻って来てました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る