たけしはともかく…芸能界の落語熱に評論家「金は取れない」

公開日:  更新日:

 どうやら本気らしい。ビートたけし(68)の落語熱だ。3月にNHKで昭和の芸能を振り返る番組を収録した際に「これからは落語じゃないか。落語家になって引っかき回してやろうかな。高座名は『立川梅春』なんてどうかな」と言って以来、同様の発言を繰り返してきた。

 当初はこの春にTBSが放送するドラマ「赤めだか」(放送日未定)の宣伝と見る向きも多かった。亡くなった立川談志の弟子、談春の自伝をドラマ化したもので、たけしは談志役を演じる。しかし、その後もことあるごとに“落語家挑戦”を示唆。そして、3月29日には国立演芸場で開催された談春の落語会で高座に上がり、立川梅春の名前で「野ざらし」を披露したというのだ。

 これまでも、たけしは談志率いる立川流の有名人枠として「立川錦之助」という高座名を与えられていた。その頃からたけしの落語を何度か聞いている作家で演芸評論家の吉川潮氏は、たけしの落語力を絶賛している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る