• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たけしはともかく…芸能界の落語熱に評論家「金は取れない」

 どうやら本気らしい。ビートたけし(68)の落語熱だ。3月にNHKで昭和の芸能を振り返る番組を収録した際に「これからは落語じゃないか。落語家になって引っかき回してやろうかな。高座名は『立川梅春』なんてどうかな」と言って以来、同様の発言を繰り返してきた。

 当初はこの春にTBSが放送するドラマ「赤めだか」(放送日未定)の宣伝と見る向きも多かった。亡くなった立川談志の弟子、談春の自伝をドラマ化したもので、たけしは談志役を演じる。しかし、その後もことあるごとに“落語家挑戦”を示唆。そして、3月29日には国立演芸場で開催された談春の落語会で高座に上がり、立川梅春の名前で「野ざらし」を披露したというのだ。

 これまでも、たけしは談志率いる立川流の有名人枠として「立川錦之助」という高座名を与えられていた。その頃からたけしの落語を何度か聞いている作家で演芸評論家の吉川潮氏は、たけしの落語力を絶賛している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る