たけしはともかく…芸能界の落語熱に評論家「金は取れない」

公開日:  更新日:

 どうやら本気らしい。ビートたけし(68)の落語熱だ。3月にNHKで昭和の芸能を振り返る番組を収録した際に「これからは落語じゃないか。落語家になって引っかき回してやろうかな。高座名は『立川梅春』なんてどうかな」と言って以来、同様の発言を繰り返してきた。

 当初はこの春にTBSが放送するドラマ「赤めだか」(放送日未定)の宣伝と見る向きも多かった。亡くなった立川談志の弟子、談春の自伝をドラマ化したもので、たけしは談志役を演じる。しかし、その後もことあるごとに“落語家挑戦”を示唆。そして、3月29日には国立演芸場で開催された談春の落語会で高座に上がり、立川梅春の名前で「野ざらし」を披露したというのだ。

 これまでも、たけしは談志率いる立川流の有名人枠として「立川錦之助」という高座名を与えられていた。その頃からたけしの落語を何度か聞いている作家で演芸評論家の吉川潮氏は、たけしの落語力を絶賛している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る