• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌

 神田うのを中心とした「うの会」がセレブママタレの派閥だとすると、庶民派ママタレの代表的派閥が大沢あかね(29)を中心とした「大沢会」だ。

 祖父譲りの親分肌が慕われ、辻希美や藤本美貴らハロプロ系のタレントが集っている。09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格ゆえともっぱらだ。

「料理が得意で、エコや節約にも関心が高い庶民感覚が親しまれている。また、後輩ママたちからの育児相談も気軽に引き受けるところから、芸能界ママ友派閥のひとつとして勢力を広げている」(女性誌ライター)

 そんな庶民感覚を買われて「スッキリ!!」(日本テレビ系)の曜日コメンテーターを続けている。


「育児休業中は少しノイローゼ気味に。産休明けに芸能界に復帰しても居場所がないのではと不安になったこともあったそうで、わずか3カ月で仕事復帰。その分、育児はベビーシッターや家族の手を借りることが多い。それでも仕事意識は高いので、新聞を読むなどよく勉強しており、世間知らずでおバカなママタレが多い中では優等生といえます」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る