ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌

公開日:  更新日:

 神田うのを中心とした「うの会」がセレブママタレの派閥だとすると、庶民派ママタレの代表的派閥が大沢あかね(29)を中心とした「大沢会」だ。

 祖父譲りの親分肌が慕われ、辻希美や藤本美貴らハロプロ系のタレントが集っている。09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格ゆえともっぱらだ。

「料理が得意で、エコや節約にも関心が高い庶民感覚が親しまれている。また、後輩ママたちからの育児相談も気軽に引き受けるところから、芸能界ママ友派閥のひとつとして勢力を広げている」(女性誌ライター)

 そんな庶民感覚を買われて「スッキリ!!」(日本テレビ系)の曜日コメンテーターを続けている。


「育児休業中は少しノイローゼ気味に。産休明けに芸能界に復帰しても居場所がないのではと不安になったこともあったそうで、わずか3カ月で仕事復帰。その分、育児はベビーシッターや家族の手を借りることが多い。それでも仕事意識は高いので、新聞を読むなどよく勉強しており、世間知らずでおバカなママタレが多い中では優等生といえます」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る