• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ママ友派閥を拡大中…大沢あかねは“庶民派路線”のアネゴ肌

 神田うのを中心とした「うの会」がセレブママタレの派閥だとすると、庶民派ママタレの代表的派閥が大沢あかね(29)を中心とした「大沢会」だ。

 祖父譲りの親分肌が慕われ、辻希美や藤本美貴らハロプロ系のタレントが集っている。09年にお笑い芸人の劇団ひとりと結婚。その翌年、妊娠・出産した新米ママではあるが、意外な人望を得ているのは、人脈の広さと元来持って生まれた世話好きな性格ゆえともっぱらだ。

「料理が得意で、エコや節約にも関心が高い庶民感覚が親しまれている。また、後輩ママたちからの育児相談も気軽に引き受けるところから、芸能界ママ友派閥のひとつとして勢力を広げている」(女性誌ライター)

 そんな庶民感覚を買われて「スッキリ!!」(日本テレビ系)の曜日コメンテーターを続けている。


「育児休業中は少しノイローゼ気味に。産休明けに芸能界に復帰しても居場所がないのではと不安になったこともあったそうで、わずか3カ月で仕事復帰。その分、育児はベビーシッターや家族の手を借りることが多い。それでも仕事意識は高いので、新聞を読むなどよく勉強しており、世間知らずでおバカなママタレが多い中では優等生といえます」(テレビ局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    「オフィス北野」つまみ枝豆社長のかじ取りで渡る三途の川

もっと見る