“泥舟”から脱出!? フジ松尾アナが「早期退職制度」で退社へ

公開日:  更新日:

 泥舟から脱出か。フジテレビの松尾紀子アナウンサー(55)が今月いっぱいで退社することが、わかった。早期退職制度に応募する形だという。

 松尾アナは慶応大から83年、フジに入社。3年後にはニューヨーク特派員に抜擢されるなど、主に報道番組を担当してきた。2児の母親で“ママアナウンサー”の先駆けとしても知られる。教育問題のエキスパートとして特番を担当する一方、アナウンス部専任部長として部下の育成も担当したことがある。アナウンス室の中心的存在だ。

「フジでは52~56歳を対象に早期退職制度があり、松尾アナも年齢的に最後だということで応募したようです。人柄がとても良く、後輩の女子アナからも慕われていました。夫は会社の社長で、港区の超高級マンションに住んでいるお金持ち。辞めても、生活に困るようなことはないでしょう。視聴率低迷でガタガタの社内からは、退社を惜しむ声も上がっています」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る