日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“泥舟”から脱出!? フジ松尾アナが「早期退職制度」で退社へ

 泥舟から脱出か。フジテレビの松尾紀子アナウンサー(55)が今月いっぱいで退社することが、わかった。早期退職制度に応募する形だという。

 松尾アナは慶応大から83年、フジに入社。3年後にはニューヨーク特派員に抜擢されるなど、主に報道番組を担当してきた。2児の母親で“ママアナウンサー”の先駆けとしても知られる。教育問題のエキスパートとして特番を担当する一方、アナウンス部専任部長として部下の育成も担当したことがある。アナウンス室の中心的存在だ。

「フジでは52~56歳を対象に早期退職制度があり、松尾アナも年齢的に最後だということで応募したようです。人柄がとても良く、後輩の女子アナからも慕われていました。夫は会社の社長で、港区の超高級マンションに住んでいるお金持ち。辞めても、生活に困るようなことはないでしょう。視聴率低迷でガタガタの社内からは、退社を惜しむ声も上がっています」(フジテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事