フジ「心がポキッとね」はミスキャスト 主役4人に魅力なし

公開日:  更新日:

【連載コラム 桧山珠美の「あれもこれも言わせて」】

 8日スタートの新ドラマ「心がポキッとね」(フジテレビ系)を見た。脚本&演出は岡田恵和&宮本理江子で、「最後から二番目の恋」コンビの再登板。とあらば、小泉今日子と中井貴一の丁々発止なやりとり、テンポのいい会話劇を堪能できると期待せずにはいられなかったが、とんでもないものだった。

 あまりにもかったるいので途中で寝落ちしてしまったほど。翌日、気を取り直してもう一度最初から見直したが、こっちの心がポキッと折れてしまった。

「キレちゃった男(阿部サダヲ)×ストーカー女(水原希子)×悩めない男(藤木直人)×いい年して自分探し女(山口智子)、病んでる男女4人のラブコメディー」ということなのだが、ちっとも笑えない。空回りもいいところだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る