ミス・ユニバース日本代表 宮本エリアナが語った「差別撤廃」

公開日: 更新日:

「2015ミス・ユニバース」日本代表の宮本エリアナ(21)が16日、映画「グローリー/明日への行進」(19日公開)の公開記念トークショーに登場した。

 彼女は、アフリカ系米国人の父と日本人の母との間に生まれたハーフ。今年3月、萬田久子(57)や知花くらら(33)らを輩出してきた“ミス・ユニバ”の日本代表に選ばれるやいなや、ネット上で「純日本人ではない」「ふさわしくない見た目」などと心無い批判が飛び交い、海外メディアを巻き込んで日本におけるハーフ差別が取り沙汰され、話題となった。

 それからというもの、宮本は人権差別や偏見の撤廃について積極的に発信。この日は人権差別撤廃をめざし、黒人の公民権運動を主導したキング牧師の生涯を描いた映画について「感動した」と話し、こう訴えた。

「私はハーフであることにコンプレックスを持っていましたが、自分を愛せるようになって、ミス・ユニバースにも出られた。『Love yourself』、他人を救いたいなら、その前に自分を愛してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る