ミス・ユニバース日本代表 宮本エリアナが語った「差別撤廃」

公開日:  更新日:

「2015ミス・ユニバース」日本代表の宮本エリアナ(21)が16日、映画「グローリー/明日への行進」(19日公開)の公開記念トークショーに登場した。

 彼女は、アフリカ系米国人の父と日本人の母との間に生まれたハーフ。今年3月、萬田久子(57)や知花くらら(33)らを輩出してきた“ミス・ユニバ”の日本代表に選ばれるやいなや、ネット上で「純日本人ではない」「ふさわしくない見た目」などと心無い批判が飛び交い、海外メディアを巻き込んで日本におけるハーフ差別が取り沙汰され、話題となった。

 それからというもの、宮本は人権差別や偏見の撤廃について積極的に発信。この日は人権差別撤廃をめざし、黒人の公民権運動を主導したキング牧師の生涯を描いた映画について「感動した」と話し、こう訴えた。

「私はハーフであることにコンプレックスを持っていましたが、自分を愛せるようになって、ミス・ユニバースにも出られた。『Love yourself』、他人を救いたいなら、その前に自分を愛してください」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る