辛口を武器に ホラン千秋が「ハーフタレント激戦区」で大躍進

公開日:  更新日:

 10日、ホラン千秋(26)が「看護の日」PR大使に就任し、トークショーに参加。中学1、2年のころまで採血の注射が怖かったというホランは、「私は頑丈な方なので、まだ看護師さんにお世話になる機会がない。もうちょっとか弱ければ、周りが女子っぽく扱ってくれたのかもしれないんですけど」と言って笑った。

「女子力低い」キャラがテレビで定着しているホラン。一昨年ごろ、バラエティー番組で自宅に引きこもっている“干物女”を告白し、「引きこもり=人生損しているみたいな、この哀れな目で見られるのが私、納得いかない」と反論するも“日本一地味なハーフ”といわれて話題になった。

 プライベートでの交流もベッキー(31)やウエンツ瑛士(29)といったハーフタレントが集う「ハーフ会」くらい。「バイキング」(フジテレビ系)で共演中の坂上忍(47)から猛烈アプローチされていたというのもすでに2年前の話だ。

 その後も浮いた話こそないが、サバサバした柔軟な受け答えが評判となり、今ではバラエティー番組に引っ張りだこ。現在のレギュラー3本。最近は「ワイドナショー」(フジ系)での辛口コメントがおなじみになりつつある。このまま「辛口干物キャラ」を武器に、激戦区のハーフタレント界を生き抜けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る