• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

辛口を武器に ホラン千秋が「ハーフタレント激戦区」で大躍進

 10日、ホラン千秋(26)が「看護の日」PR大使に就任し、トークショーに参加。中学1、2年のころまで採血の注射が怖かったというホランは、「私は頑丈な方なので、まだ看護師さんにお世話になる機会がない。もうちょっとか弱ければ、周りが女子っぽく扱ってくれたのかもしれないんですけど」と言って笑った。

「女子力低い」キャラがテレビで定着しているホラン。一昨年ごろ、バラエティー番組で自宅に引きこもっている“干物女”を告白し、「引きこもり=人生損しているみたいな、この哀れな目で見られるのが私、納得いかない」と反論するも“日本一地味なハーフ”といわれて話題になった。

 プライベートでの交流もベッキー(31)やウエンツ瑛士(29)といったハーフタレントが集う「ハーフ会」くらい。「バイキング」(フジテレビ系)で共演中の坂上忍(47)から猛烈アプローチされていたというのもすでに2年前の話だ。

 その後も浮いた話こそないが、サバサバした柔軟な受け答えが評判となり、今ではバラエティー番組に引っ張りだこ。現在のレギュラー3本。最近は「ワイドナショー」(フジ系)での辛口コメントがおなじみになりつつある。このまま「辛口干物キャラ」を武器に、激戦区のハーフタレント界を生き抜けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る