辛口を武器に ホラン千秋が「ハーフタレント激戦区」で大躍進

公開日:  更新日:

 10日、ホラン千秋(26)が「看護の日」PR大使に就任し、トークショーに参加。中学1、2年のころまで採血の注射が怖かったというホランは、「私は頑丈な方なので、まだ看護師さんにお世話になる機会がない。もうちょっとか弱ければ、周りが女子っぽく扱ってくれたのかもしれないんですけど」と言って笑った。

「女子力低い」キャラがテレビで定着しているホラン。一昨年ごろ、バラエティー番組で自宅に引きこもっている“干物女”を告白し、「引きこもり=人生損しているみたいな、この哀れな目で見られるのが私、納得いかない」と反論するも“日本一地味なハーフ”といわれて話題になった。

 プライベートでの交流もベッキー(31)やウエンツ瑛士(29)といったハーフタレントが集う「ハーフ会」くらい。「バイキング」(フジテレビ系)で共演中の坂上忍(47)から猛烈アプローチされていたというのもすでに2年前の話だ。

 その後も浮いた話こそないが、サバサバした柔軟な受け答えが評判となり、今ではバラエティー番組に引っ張りだこ。現在のレギュラー3本。最近は「ワイドナショー」(フジ系)での辛口コメントがおなじみになりつつある。このまま「辛口干物キャラ」を武器に、激戦区のハーフタレント界を生き抜けるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る