日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

目新しさがアダ? 「笑点」2週続けて視聴率“10位圏外”の窮地

 あの人気長寿番組「笑点」(日本テレビ系)が窮地に立たされている。といっても、体調面が心配される歌丸師匠の降板うんぬんではない。

 1966年5月の放送開始から今年で50年。長きにわたり“日曜夕方の顔”としてお茶の間から支持され、週間視聴率ランキングではトップ10の常連である同番組が、ナント、2週連続で「10位圏外」に転落してしまったのだ。

 ここ2週の視聴率は、17日が10.5%、24日が13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。17日の放送回は「番組50年記念」でお祝いムード一色だったのに、2桁スレスレとは予想外の数字だ。

 たしかに、裏番組ではNHKが「大相撲夏場所」を中継していて、史上初2度目の7連覇をかけた白鵬の勝敗の行方など話題性十分。笑点と相撲中継は視聴者層がかぶるので、割を食ったともいえるだろう。が、コラムニストの桧山珠美氏は、「笑点」自体にも問題があったのではと指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事