日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ株主総会迫る 今年も出てきた日枝会長“クビ切り”議案

「フジの天皇」を引退に追い込むまで議案が提案されるようだ。25日に開かれる「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会。注目は昨年も株主提案された日枝久会長(77)の“クビ切り”議案である。

 日枝会長の“クビ切り”議案は昨年の株主総会でも提案されたが、あっけなく否決された。前回は「75歳定年の導入」だったが、今回は「取締役の在任期間が25年を超えない」と求めている。83年に取締役就任以来、32年間(6月時点)在籍している日枝会長をピンポイントで“狙っている”のは明らかだ。

「前回(議決権の10分の1以上の賛成を得ず)は賛成少数で否決されたため、同じ提案はできない。そこで提案内容を変えて、『日枝追放策』を考えました」(株主の松沢弘氏)

 フジの視聴率はメタメタ。お台場カジノ構想も吹き飛び、経営はニッチもサッチも行かなくなっている。普通の企業なら、とっくに古参役員は総入れ替えだ。ところが、「面白くなければ株主総会じゃない」のか、一般常識がまるで通用しないのがフジらしい。“日枝クビ切り”議案に対し、「適性は在任年数だけで判断すべきものではない」と反論している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事