フジ株主総会迫る 今年も出てきた日枝会長“クビ切り”議案

公開日:  更新日:

「フジの天皇」を引退に追い込むまで議案が提案されるようだ。25日に開かれる「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会。注目は昨年も株主提案された日枝久会長(77)の“クビ切り”議案である。

 日枝会長の“クビ切り”議案は昨年の株主総会でも提案されたが、あっけなく否決された。前回は「75歳定年の導入」だったが、今回は「取締役の在任期間が25年を超えない」と求めている。83年に取締役就任以来、32年間(6月時点)在籍している日枝会長をピンポイントで“狙っている”のは明らかだ。

「前回(議決権の10分の1以上の賛成を得ず)は賛成少数で否決されたため、同じ提案はできない。そこで提案内容を変えて、『日枝追放策』を考えました」(株主の松沢弘氏)

 フジの視聴率はメタメタ。お台場カジノ構想も吹き飛び、経営はニッチもサッチも行かなくなっている。普通の企業なら、とっくに古参役員は総入れ替えだ。ところが、「面白くなければ株主総会じゃない」のか、一般常識がまるで通用しないのがフジらしい。“日枝クビ切り”議案に対し、「適性は在任年数だけで判断すべきものではない」と反論している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  2. 2

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  3. 3

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  4. 4

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  5. 5

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  6. 6

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  7. 7

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  8. 8

    太郎ちゃんが「恥を知れ!」と叫んだ入管法改正は嘘ばかり

  9. 9

    黒木華に初熱愛報道 “個性派”シフトで松田龍平射止めるか

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る