フジ株主総会迫る 今年も出てきた日枝会長“クビ切り”議案

公開日: 更新日:

「フジの天皇」を引退に追い込むまで議案が提案されるようだ。25日に開かれる「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会。注目は昨年も株主提案された日枝久会長(77)の“クビ切り”議案である。

 日枝会長の“クビ切り”議案は昨年の株主総会でも提案されたが、あっけなく否決された。前回は「75歳定年の導入」だったが、今回は「取締役の在任期間が25年を超えない」と求めている。83年に取締役就任以来、32年間(6月時点)在籍している日枝会長をピンポイントで“狙っている”のは明らかだ。

「前回(議決権の10分の1以上の賛成を得ず)は賛成少数で否決されたため、同じ提案はできない。そこで提案内容を変えて、『日枝追放策』を考えました」(株主の松沢弘氏)

 フジの視聴率はメタメタ。お台場カジノ構想も吹き飛び、経営はニッチもサッチも行かなくなっている。普通の企業なら、とっくに古参役員は総入れ替えだ。ところが、「面白くなければ株主総会じゃない」のか、一般常識がまるで通用しないのがフジらしい。“日枝クビ切り”議案に対し、「適性は在任年数だけで判断すべきものではない」と反論している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

もっと見る