フジ株主総会迫る 今年も出てきた日枝会長“クビ切り”議案

公開日:  更新日:

「フジの天皇」を引退に追い込むまで議案が提案されるようだ。25日に開かれる「フジ・メディア・ホールディングス」の株主総会。注目は昨年も株主提案された日枝久会長(77)の“クビ切り”議案である。

 日枝会長の“クビ切り”議案は昨年の株主総会でも提案されたが、あっけなく否決された。前回は「75歳定年の導入」だったが、今回は「取締役の在任期間が25年を超えない」と求めている。83年に取締役就任以来、32年間(6月時点)在籍している日枝会長をピンポイントで“狙っている”のは明らかだ。

「前回(議決権の10分の1以上の賛成を得ず)は賛成少数で否決されたため、同じ提案はできない。そこで提案内容を変えて、『日枝追放策』を考えました」(株主の松沢弘氏)

 フジの視聴率はメタメタ。お台場カジノ構想も吹き飛び、経営はニッチもサッチも行かなくなっている。普通の企業なら、とっくに古参役員は総入れ替えだ。ところが、「面白くなければ株主総会じゃない」のか、一般常識がまるで通用しないのがフジらしい。“日枝クビ切り”議案に対し、「適性は在任年数だけで判断すべきものではない」と反論している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る