フジ土下座謝罪も…映画「海猿」復活計画にいまだ晴れぬ暗雲

公開日:  更新日:

 6月の株主総会を前に早くも戦意喪失状態に陥っているのがフジテレビ幹部だ。2015年3月期決算の当期純利益は15.2%増の199億円だったが、核となる放送事業が振るわない。

「にもかかわらずフジの年収はいまだにテレビ界一、いや日本一高い。視聴率トップを行く日テレ局員の年収の実に2~3倍近くもあるので、今年も株主総会は荒れ模様かもしれません」(放送担当記者)

 フジテレビの株主は東宝、日本マスタートラスト信託、文化放送、NTTドコモ、関西テレビ放送など。こうした大株主が声を上げることはないだろうが、昨年も2人の個人株主から「(日枝会長の)長老支配になってないか」「バイキングの視聴率が低すぎる」などの質問が出た。同様の状況に陥るのは十分予想されている。

 そんな中、関係者の間ではあるサプライズ案が発表されるのではという臆測が飛び交っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る