• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

フジ土下座謝罪も…映画「海猿」復活計画にいまだ晴れぬ暗雲

 6月の株主総会を前に早くも戦意喪失状態に陥っているのがフジテレビ幹部だ。2015年3月期決算の当期純利益は15.2%増の199億円だったが、核となる放送事業が振るわない。

「にもかかわらずフジの年収はいまだにテレビ界一、いや日本一高い。視聴率トップを行く日テレ局員の年収の実に2~3倍近くもあるので、今年も株主総会は荒れ模様かもしれません」(放送担当記者)

 フジテレビの株主は東宝、日本マスタートラスト信託、文化放送、NTTドコモ、関西テレビ放送など。こうした大株主が声を上げることはないだろうが、昨年も2人の個人株主から「(日枝会長の)長老支配になってないか」「バイキングの視聴率が低すぎる」などの質問が出た。同様の状況に陥るのは十分予想されている。

 そんな中、関係者の間ではあるサプライズ案が発表されるのではという臆測が飛び交っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る