TVより先にネットで番組配信 フジの“新戦略”は吉と出るか

公開日:  更新日:

【連載コラム 安倍宏行「続・絶望のテレビ報道」】

 視聴率で日本テレビの後塵を拝するフジテレビがネット戦略で仕掛けた。17日、世界50カ国、6200万人のユーザーを誇る定額制映像配信サービスNetflix(ネットフリックス)と、オリジナル番組制作・配信で合意したのだ。

 今回発表されたのは、この秋のサービス開始と同時にフジテレビが第1弾としてリアリティーショー「テラスハウス」の新作「TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING」(仮題)と、連続ドラマ「アンダーウェア」(英題:Atelier)を制作、グローバル配信を行う。当初はNetflix向けに独占配信を行い、その後、地上波や動画配信「フジテレビオンデマンド」でも配信する予定。Netflixの国内での利用料金、サービス開始日は未定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る