TVより先にネットで番組配信 フジの“新戦略”は吉と出るか

公開日: 更新日:

【連載コラム 安倍宏行「続・絶望のテレビ報道」】

 視聴率で日本テレビの後塵を拝するフジテレビがネット戦略で仕掛けた。17日、世界50カ国、6200万人のユーザーを誇る定額制映像配信サービスNetflix(ネットフリックス)と、オリジナル番組制作・配信で合意したのだ。

 今回発表されたのは、この秋のサービス開始と同時にフジテレビが第1弾としてリアリティーショー「テラスハウス」の新作「TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING」(仮題)と、連続ドラマ「アンダーウェア」(英題:Atelier)を制作、グローバル配信を行う。当初はNetflix向けに独占配信を行い、その後、地上波や動画配信「フジテレビオンデマンド」でも配信する予定。Netflixの国内での利用料金、サービス開始日は未定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る