TVより先にネットで番組配信 フジの“新戦略”は吉と出るか

公開日: 更新日:

【連載コラム 安倍宏行「続・絶望のテレビ報道」】

 視聴率で日本テレビの後塵を拝するフジテレビがネット戦略で仕掛けた。17日、世界50カ国、6200万人のユーザーを誇る定額制映像配信サービスNetflix(ネットフリックス)と、オリジナル番組制作・配信で合意したのだ。

 今回発表されたのは、この秋のサービス開始と同時にフジテレビが第1弾としてリアリティーショー「テラスハウス」の新作「TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING」(仮題)と、連続ドラマ「アンダーウェア」(英題:Atelier)を制作、グローバル配信を行う。当初はNetflix向けに独占配信を行い、その後、地上波や動画配信「フジテレビオンデマンド」でも配信する予定。Netflixの国内での利用料金、サービス開始日は未定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    公民権停止もあるぞ 桜を見る会中止で疑惑モミ消しの悪質

  2. 2

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  3. 3

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  4. 4

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  5. 5

    首相主催の桜を見る会 よく税金で盛大な宴会なぞできるよ

  6. 6

    妊娠・出産を乗り越え弁護士に…宣誓式で判事が粋な計らい

  7. 7

    正答例を事前閲覧 入試に乗じるベネッセのカンニング商法

  8. 8

    「G線上のあなたと私」の “口角上げ”松下由樹は経験の賜物

  9. 9

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  10. 10

    嵐が会見で語らなかった密着ドキュメンタリーの世界戦略

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る