伝説の漫才師・浮世亭ケンケンさんが語る“失踪事件”の真相

公開日: 更新日:

 JR東中野駅西口から歩いて4分の居酒屋「リズ」で会ったケンケンさん、まずはこういった。

 そういえば、83年、洋七とスティングなる漫才コンビを結成した時期もあった。

「スティングはネタもスタイルも全部作家が作ったもんだったから、窮屈でね。それで、2人で相談して新B&Bに戻したんです。大阪の花月に出た時は、仲間から“ものすごいツッコミのぶつかり合いやな”って感心され、三枝(現・文枝)師匠とかが舞台の袖からボクらの漫才を真剣なマナザシでご覧になってたのを覚えてます」

 その前は父親がアメリカ人の小川ジョージと浮世亭ジョージ・ケンジを組んでいた。

「組む相手が長続きしなかったのは、相方の不器用さに我慢できなかったため。で、漫才も一方的にボクが突っ込むスタイルになったんです。あれはジョージと組んでた時でした。テレビのレギュラーも持って月300万円は稼いでたんだけど、ネタを考えてるのは全部オレなのにって不満が募り、番組をすっぽかしたんです。と、駅で洋ちゃんとバッタリ顔を合わせ、説得された。だけど、ボクは頑として応じない。しゃ~ないかと洋ちゃんはあきらめ、当時の洋ちゃんの彼女の家にかくまわれました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る