日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベテラン芸人はたけんじさん 「仕事よりゴルフ」で豪華な人脈

 70年代に活躍したモノマネ芸人といえば、佐々木つとむ、堺すすむ、はたけんじが挙げられるだろう。いずれも個性あふれる芸でお笑い界を席巻し、“モノマネご三家”と呼ばれたが、とりわけ、はたけんじさん(67)の三波春夫のモノマネは爆笑に次ぐ爆笑。顔を白塗りして派手な和服姿で笑いを取ったばかりか、「お客様は神様です」という本家の決めゼリフがぴったりハマった。はたさん、今どうしているのか。

「今の目立った仕事といえば講演かな。ライオンズクラブとかロータリークラブ、それから企業の研修などに出向き、相手との接し方や上手な会話の方法などをエピソードを交えて話してます。ステージと違い、笑わせなきゃいけないというプレッシャーがない分、楽っていえば楽だね」

 JR四ツ谷駅近くのカフェで会ったはたさん、まずこう言った。

 今年で芸人生活47年。話題には事欠かないに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事