伝説の漫才師・浮世亭ケンケンさんが語る“失踪事件”の真相

公開日:  更新日:

“伝説の漫才コンビ”と呼ぶお笑いファンも多い。74年に結成された浮世亭ケンケン・てるてる。息が合った掛け合いの妙などハナから無視し、ツッコミが一方的にしゃべくる超過激な漫才が見る人を圧倒、大爆笑を呼んだ。本日登場はその片割れのケンケンさん(65)。スピード感あふれるツッコミが今でも鮮やかによみがえる。さて、今どうしているのか。

 3月、NHKのBSプレミアムで「たけしの“これがホントのニッポン芸能史”」なる番組が放送され、そこで漫才ブームの立役者のひとり、元B&Bの島田洋七が「ケン・てるが先に世に出てたら、B&Bはケン坊のモノマネでおしまいだった」と証言していた。ことほどさように、浮世亭ケンケン・てるてるはお笑い界の内部にいた人間にもとてつもなく大きな影響を与えた。

「放送前に洋ちゃん(洋七)から“NHKから取材を受けて、ホンネをしゃべったから”と電話があったんだけど、その番組、見てないんですよ。昔の自分が恥ずかしくてね。ええ、洋ちゃんとはもう40年以上のつきあいでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る