伝説の漫才師・浮世亭ケンケンさんが語る“失踪事件”の真相

公開日:  更新日:

“伝説の漫才コンビ”と呼ぶお笑いファンも多い。74年に結成された浮世亭ケンケン・てるてる。息が合った掛け合いの妙などハナから無視し、ツッコミが一方的にしゃべくる超過激な漫才が見る人を圧倒、大爆笑を呼んだ。本日登場はその片割れのケンケンさん(65)。スピード感あふれるツッコミが今でも鮮やかによみがえる。さて、今どうしているのか。

 3月、NHKのBSプレミアムで「たけしの“これがホントのニッポン芸能史”」なる番組が放送され、そこで漫才ブームの立役者のひとり、元B&Bの島田洋七が「ケン・てるが先に世に出てたら、B&Bはケン坊のモノマネでおしまいだった」と証言していた。ことほどさように、浮世亭ケンケン・てるてるはお笑い界の内部にいた人間にもとてつもなく大きな影響を与えた。

「放送前に洋ちゃん(洋七)から“NHKから取材を受けて、ホンネをしゃべったから”と電話があったんだけど、その番組、見てないんですよ。昔の自分が恥ずかしくてね。ええ、洋ちゃんとはもう40年以上のつきあいでしょうか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る