元ちびっこギャング藤井一男さん 相方との“劇的再会”を語る

公開日:  更新日:

 80年代半ば、「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」などのバラエティーやお笑い番組で超売れっ子だった、ともに身長161センチと小柄なコンビがいた。「ちびっこギャング」だ。そのひとり、藤井一男さん(56)は今どうしているのか。

「越川から“ウチの劇団にゲスト出演してくれないか?”って声をかけられた時は、マジ、ものすごくうれしかったですよ。実は21年前、コンビ解消した当時は互いに恨みつらみでケンカ別れ同然でしてね。それが15年くらい経って、大江戸線の西新宿五丁目駅でバッタリ再会した時は、会った瞬間、過去のことは何もかも吹っ飛んじゃって、熱烈にハグし合った。以来、オーバーじゃなく、死ぬまでにもう一度、2人でやってみたいとずっと思ってました」

 西新宿五丁目駅から徒歩7分の劇団「D.K HOLLYWOOD」の稽古場で会った藤井さん、こういってほほ笑んだ。同劇団はかつての相方、越川大介さんが主宰し、海外公演も行うなど評価も高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る