お笑いコンビ「ちゃらんぽらん」の大西浩仁さんは画家に転身

公開日: 更新日:

 80年代半ばからのお笑いブームの最中、「ちゅ~とハンパやなぁ~」のギャグで大人気だったお笑いコンビがいた。冨好真さんと大西浩仁(現・幸仁)さん(54)の「ちゃらんぽらん」だ。コンビは08年に解散。冨好さんはピンで活躍しているが、大西さんの姿は見ない。今どうしているのか。

「ボクの作品があるから、それを見てから『太陽美術館』に行きましょ」

 阪急塚口駅南口(尼崎市)で待ち合わせた大西さん、こう言って記者をダイエー塚口店前のコンコースに案内してくれた。そこには海から昇ったばかりの太陽を描いた縦・横5メートルほどの壁画がド~ンと設置され、「大西幸仁」とサインがあるじゃないか!

「これね、08年11月23日にお披露目した作品なんですわ。コンビ解消したんは画家として一本立ちするためやったんですが、おかげさんで生活費をまかなえる程度には絵が売れてます。雅号は『太陽』いいまして、高野山真言宗別格本山・宝亀院の宮武峯雄大僧正に命名していただきました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る