• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

民宿切り盛り「欽ドン」気仙沼ちゃん 津波被災も拡大オープン

 東日本大震災から4年。70年代後半に高視聴率を記録した(フジテレビ系)で人気だった朴訥(ぼくとつ)な東北弁キャラの気仙沼ちゃん(60)は嫁ぎ先の気仙沼市大島で被災した。経営していた民宿は海面から20メートルの高台にあったにもかかわらず、津波の床上浸水で半壊。休業に追い込まれた。さて、今どうしているのか。

「再オープンは一昨年の10月20日なのさ。最初は震災以降、親身になって心配してけだ常連さんが来てけで、11月1日から一般のお客さんを受け入れた。1年8カ月ぶりにお客さんの顔を見たらば、ホント、涙が出るくらいうれしがった」

 復興工事が続く気仙沼港から大島へはカーフェリーで約25分。発着港の浦の浜埠頭からさらにクルマで5分、長崎地区にある民宿「アインスくりこ」を訪ねると、気仙沼ちゃんと夫の修さんが迎えてくれた。ちなみに、「アインス」はドイツ語で「お客さまが一番」という意だとか。「くりこ」はかつて当地によく知られた栗林があったゆえだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  3. 3

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  7. 7

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る