伝説の漫才師・浮世亭ケンケンさんが語る“失踪事件”の真相

公開日: 更新日:

「次の日、テレビをつけたら、ワイドショーで『ケンジ、謎の失踪!!』って大騒ぎになってるじゃないですか、ハハハ。以来、仕事がなくなり、地方の料理屋で住み込みで働いてる時、またまた洋ちゃんが捜し当ててくれて、“東京に来ないか?”って誘われた。それにしても、芸人だから酒とバクチのしくじりは数えきれないけど、ボクの場合は失踪事件が最大のしくじりです」

■「国分健二」の名前で漫談家として活動中

 さて、ケンケンさんは現在、国分健二という名前で落語芸術協会に所属。漫談家として都内の寄席に出演している。

「この店は家に近く、ママに誘われ、時々、ライブをやらせてもらってます。カラオケもあるし、ちょっと小林旭でもやってみますか?」

 といって歌い出したのが、♪ど~この誰かは知~らないけれど……、高い声が裏返り、歌声は完全なアキラ節の「月光仮面」に周囲は爆笑に次ぐ爆笑。その他、高倉健、石原裕次郎、五木ひろしなどが歌マネのネタだそうだ。

「洋ちゃんはボクのこと、今でも気にかけてくれていて、“また漫才やろうや”って誘ってくれる。ありがたいことです」

 夫婦2人暮らし。43歳になるひとり息子は「ある会社の部長に昇進した」とうれしそうに話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る