松坂慶子に“熟女の貫禄” 27年ぶりデュエットで初「紅白」も

公開日:  更新日:

 2日、松坂慶子(62)が作曲家の浜圭介(69)とのデュエット曲「哀愁の札幌」(22日発売)の公開レコーディングを行った。渡哲也(73)との「ラストシーンは見たくない」(88年)以来、27年ぶり2度目のデュエット曲のきっかけは浜からのラブコール。「大人の恋をドラマチックに表現できるのは、松坂さんしかいない」と口説かれたという。今年3月のレコーディング初日を振り返った際には「(浜が)ダンディーでめまいがしました」と告白しながらボディータッチ。浜は「暑い~」と照れまくり、一発KOされていた。

 松坂にメロメロなのは浜だけではない。今も根強い松坂人気の理由は何か。芸能リポーターの川内天子氏はいう。

「松坂慶子は吉永小百合でいう“サユリスト”のような熱烈な固定ファンがいる。今の殺伐とした日本社会では特に、ムッチリ系の健康的な体つきでおっとりとした雰囲気は癒やし効果抜群で、モテるのも当然。映画監督や俳優と浮名を流しながら、最終的に選んだのが売れないミュージシャンというのも好感度が高いですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る