映画祭に登場の若尾文子 小津安二郎監督への“恋心”を初告白

公開日: 更新日:

「体調は大丈夫か」――場内に一瞬、衝撃が走った。

 27日、女優の若尾文子(81)が「若尾文子映画祭 青春」(8月14日まで)の初日舞台あいさつを行った時のことだ。この日、若尾は登壇する際、男性スタッフに支えられ、杖をつき、歩くのもしんどそうにしていた。もっとも、その直後、本人が「滑って転んで、足を痛めちゃって、お恥ずかしい限りです」と話すと、観客も一安心。騒ぎには至らなかった。

 この日の若尾は続けて映画「浮草」で1本だけ仕事をした小津安二郎監督にも言及。「大好きでした。お嫁さんになりたいと思いました」と秘めた乙女心を初告白。頬を赤らめるさまは、横に並んだポスターの映画「青空娘」のように若々しかった。

 若尾は大映の看板女優として20年間で150本を超える映画に出演。今回の映画祭では1952年のデビュー作「死の街を脱れて」など60本を上映するという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  4. 4

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  5. 5

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    タッキー副社長の評価急上昇 リストラに新事業に獅子奮迅

もっと見る