脱いだら凄かった…高橋由美子が大人の“完熟ボディー”解禁

公開日:  更新日:

「20世紀最後の正統派アイドル」の異名を持つ高橋由美子(41)。本人は「思ってもみないオファーでしたので、正直不安でした」と振り返るが、いやはや……。15日発売の「週刊ポスト」で全7ページのグラビアに登場し、惜しげもなく“ハミ乳”を披露。01年の写真集以来、14年ぶりに挑んだグラビア撮影というが、実にいいあんばいの熟れっぷりである。

 アイドル評論家の中森明夫氏が言う。

「一般的にはドラマ『南くんの恋人』(94年)の演技や、甲子園ポスターのキャンペーンモデル(90年)のイメージが強いでしょうが、彼女は90年代前半、おニャン子クラブが解散してモーニング娘。がブレークするまでの『アイドル冬の時代』と呼ばれる時期を支えたひとり。アイドルファン全体の希望の星でした。中学2年のデビュー当時からアイドル雑誌でグラビアに登場するも、露出は控えめ。清純派や正統派と呼ばれたゆえんですが、当時から脱いだら凄いんじゃないかと囁かれていました。今回、大人の色気をまとって“解禁”したわけですが、いや~、見事のひと言です!」

 7月12日から毛利家の“大奥編”がスタートするNHK大河「花燃ゆ」に出演する。大奥に仕える女中のトップ「御半下頭」という役どころ。「ショムニ」シリーズを彷彿とさせる個性的な演技が見られそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る