• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脱いだら凄かった…高橋由美子が大人の“完熟ボディー”解禁

「20世紀最後の正統派アイドル」の異名を持つ高橋由美子(41)。本人は「思ってもみないオファーでしたので、正直不安でした」と振り返るが、いやはや……。15日発売の「週刊ポスト」で全7ページのグラビアに登場し、惜しげもなく“ハミ乳”を披露。01年の写真集以来、14年ぶりに挑んだグラビア撮影というが、実にいいあんばいの熟れっぷりである。

 アイドル評論家の中森明夫氏が言う。

「一般的にはドラマ『南くんの恋人』(94年)の演技や、甲子園ポスターのキャンペーンモデル(90年)のイメージが強いでしょうが、彼女は90年代前半、おニャン子クラブが解散してモーニング娘。がブレークするまでの『アイドル冬の時代』と呼ばれる時期を支えたひとり。アイドルファン全体の希望の星でした。中学2年のデビュー当時からアイドル雑誌でグラビアに登場するも、露出は控えめ。清純派や正統派と呼ばれたゆえんですが、当時から脱いだら凄いんじゃないかと囁かれていました。今回、大人の色気をまとって“解禁”したわけですが、いや~、見事のひと言です!」

 7月12日から毛利家の“大奥編”がスタートするNHK大河「花燃ゆ」に出演する。大奥に仕える女中のトップ「御半下頭」という役どころ。「ショムニ」シリーズを彷彿とさせる個性的な演技が見られそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  8. 8

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る