たけし、タモリ、白鵬も…「1日1食」で熟睡&疲れナシ

公開日: 更新日:

「1日1食」時代到来か。昨年2月、石原結實医師がそのものズバリ「一日一食」という本を著したのがきっかけで、ジワジワとブームは広がっている。この秋には「やってみました!1日1食!!」(三五館)なる本まで登場した。著者はジャーナリストの船瀬俊介氏(64)。前著「3日食べなきゃ、7割治る!」に続く第2弾だ。

 それにしても気になるのは、1日1食で腹が減らないか、ということだ。

「ボク自身は若い頃からヨガに興味があってもともと小食、10年前に1日1食を始めたときもそれほど苦労はしませんでした。しかし、いきなり始めた人はやっぱりね、3日目ぐらいが一番苦しいそうです。でも、それを過ぎちゃうとみなさん体調の良さを実感するのかすぐに慣れてしまうようですね」

 当然、体重もガクンと落ちるはず。どれくらいのダイエット効果があるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  4. 4

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  5. 5

    “つまらない男”野上農水相の面の皮 鶏卵汚職処分で嘘答弁

  6. 6

    壇蜜なぜ支持が?“飲み会絶対に断る女”断言で陰キャが共感

  7. 7

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  8. 8

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  9. 9

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  10. 10

    川口春奈“因縁”TBSで連ドラ主演 低視聴率女王の返上なるか

もっと見る