• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酔うと噛むクセも “女酒豪”両横綱は島崎和歌子と鈴木砂羽

 私もたいがい酒癖のいい方じゃないのよね。テキーラなんか飲んだら、もう大変。泣くわ喚くわ脱ぐわ寝るわで、お客さんたちに迷惑かけまくりよ。でももはや六本木では「ママの伝統芸」として認知されてるから、六本木交番のお巡りさんですら、私が路上で寝てても保護もしてくれなくなったわ(笑い)。

 でもね、私ごとき一般人と違い超有名人にもかかわらず、豪快で男勝りの酔っぱらい大暴走を繰り返す女性もいるの。

 1人目は島崎和歌子サンね。彼女はあの和田アキ子サンを彷彿させる激しい飲み方をするから、みんなから「ミニアッコ」と呼ばれてるわ。とにかく赤ワインが大好きで、水でも飲むかのようにガバガバとボトルを空けていく。さすがにお酒に強くてそれでも全然酔わないんだけど、和歌子サンは急に酔い出すの。それまではワインの温度に異様にこだわってて「この店は温度管理がダメね」なんて言ってたはずなのに、ある瞬間からワイングラスに氷をドバドバ入れてキンキンに冷やして飲み出すのよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る