酔うと噛むクセも “女酒豪”両横綱は島崎和歌子と鈴木砂羽

公開日:  更新日:

 私もたいがい酒癖のいい方じゃないのよね。テキーラなんか飲んだら、もう大変。泣くわ喚くわ脱ぐわ寝るわで、お客さんたちに迷惑かけまくりよ。でももはや六本木では「ママの伝統芸」として認知されてるから、六本木交番のお巡りさんですら、私が路上で寝てても保護もしてくれなくなったわ(笑い)。

 でもね、私ごとき一般人と違い超有名人にもかかわらず、豪快で男勝りの酔っぱらい大暴走を繰り返す女性もいるの。

 1人目は島崎和歌子サンね。彼女はあの和田アキ子サンを彷彿させる激しい飲み方をするから、みんなから「ミニアッコ」と呼ばれてるわ。とにかく赤ワインが大好きで、水でも飲むかのようにガバガバとボトルを空けていく。さすがにお酒に強くてそれでも全然酔わないんだけど、和歌子サンは急に酔い出すの。それまではワインの温度に異様にこだわってて「この店は温度管理がダメね」なんて言ってたはずなのに、ある瞬間からワイングラスに氷をドバドバ入れてキンキンに冷やして飲み出すのよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る