酔うと噛むクセも “女酒豪”両横綱は島崎和歌子と鈴木砂羽

公開日: 更新日:

 私もたいがい酒癖のいい方じゃないのよね。テキーラなんか飲んだら、もう大変。泣くわ喚くわ脱ぐわ寝るわで、お客さんたちに迷惑かけまくりよ。でももはや六本木では「ママの伝統芸」として認知されてるから、六本木交番のお巡りさんですら、私が路上で寝てても保護もしてくれなくなったわ(笑い)。

 でもね、私ごとき一般人と違い超有名人にもかかわらず、豪快で男勝りの酔っぱらい大暴走を繰り返す女性もいるの。

 1人目は島崎和歌子サンね。彼女はあの和田アキ子サンを彷彿させる激しい飲み方をするから、みんなから「ミニアッコ」と呼ばれてるわ。とにかく赤ワインが大好きで、水でも飲むかのようにガバガバとボトルを空けていく。さすがにお酒に強くてそれでも全然酔わないんだけど、和歌子サンは急に酔い出すの。それまではワインの温度に異様にこだわってて「この店は温度管理がダメね」なんて言ってたはずなのに、ある瞬間からワイングラスに氷をドバドバ入れてキンキンに冷やして飲み出すのよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る