過去最大級…路上がパニックになった石橋貴明の“大名行列”

公開日: 更新日:

 六本木の街に根を生やして20年。行き遅れなどと陰口を叩かれつつも、小さいながら何とか自分の店を切り盛りしてます。皆さん、ごぶさたしてます。六本木一の芸能通を自称するスナックママ、Y子です。

 1年前の連載が、好評につき(!?)帰ってまいりました。これも編集部に連載復活の要望を届けてくれた皆さんのおかげ、さらには撮られても叩かれても六本木に集まってくれる芸能人たちのおかげです(笑い)。

 最近の六本木は、昼も夜も中国人観光客でいっぱい。特にマツキヨとドン・キホーテでは、中国語ばかり飛び交ってるわ。ただ、中国人って向こうの観光ガイドに載ってる飲食店しか行かないから、彼らが行くのは高級うどん屋「つるとんたん」と「寿司ざんまい」だけ。

 いわゆるバーやキャバクラ、スナックなんかには現れません。海外からの観光客が使う年間2兆円の半分近くが中国人だっていうんだから、ちょっとくらいウチの店にも来て欲しいわね。中国語なんか話せないけど、アラフォーのY子だってスマホ翻訳アプリくらい使いこなすんだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  8. 8

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  9. 9

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

  10. 10

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る