過去最大級…路上がパニックになった石橋貴明の“大名行列”

公開日: 更新日:

 六本木の街に根を生やして20年。行き遅れなどと陰口を叩かれつつも、小さいながら何とか自分の店を切り盛りしてます。皆さん、ごぶさたしてます。六本木一の芸能通を自称するスナックママ、Y子です。

 1年前の連載が、好評につき(!?)帰ってまいりました。これも編集部に連載復活の要望を届けてくれた皆さんのおかげ、さらには撮られても叩かれても六本木に集まってくれる芸能人たちのおかげです(笑い)。

 最近の六本木は、昼も夜も中国人観光客でいっぱい。特にマツキヨとドン・キホーテでは、中国語ばかり飛び交ってるわ。ただ、中国人って向こうの観光ガイドに載ってる飲食店しか行かないから、彼らが行くのは高級うどん屋「つるとんたん」と「寿司ざんまい」だけ。

 いわゆるバーやキャバクラ、スナックなんかには現れません。海外からの観光客が使う年間2兆円の半分近くが中国人だっていうんだから、ちょっとくらいウチの店にも来て欲しいわね。中国語なんか話せないけど、アラフォーのY子だってスマホ翻訳アプリくらい使いこなすんだから。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  5. 5

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  6. 6

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    傲慢マッチ処分の裏側…“育ての親”メリー氏が苦渋の選択

  9. 9

    みのもんた“後妻業の女”に手切れ金1.5億円 終活との関係は

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る