• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

 今年のプロ野球は、交流戦でパ・リーグにボロカスにされたセ・リーグの全チームが貯金がなくなるという珍記録が出たりして笑っちゃうわね。どうしてあんなにセは弱いのかしら。

 球界の盟主と呼ばれる巨人はピッチャーもピッチャーだけど、打線も問題だらけよね。阿部慎之助クン、村田修一クン、長野久義クンあたりは高い年俸もらってるんだから優勝できなかったら戦犯扱いよね。あ、これは野球のコラムじゃなかったわね(笑い)。

 六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの。何がビックリって、彼はいつもTシャツ。しかもピッチピチ(笑い)。

 夏ならまだしも、春や秋の肌寒い夜でもTシャツだけ。よほどムキムキの上半身を自慢したいのかしら。そんな彼も今ほど注目される前は正体を隠したいからか偽名を使って飲んでたの。ホステスたちに名前を聞かれると、「白鳥カツオ。職業は体育教師です!」って起立して答えてたわ。笑わせようとしてるのかもしれないけど、真顔で言うからみんなツッコめなくて毎回変な空気に(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る