元グラドルの遠野舞子さんは“まつエク”サロンの経営者

公開日:  更新日:

 加えて化粧崩れしにくく、汗っかきやスポーツ女子にオススメとか。

 16畳ほどの室内には2台の施術台があり、間接照明の明かりが落ち着いた雰囲気を醸し出す。

「施術? いえいえ、私はオーナー兼プロデューサー。資格を持ってるアイリストが施術いたします。料金は最高級セーブルエクステ80本で4800円から。羽田空港が近く、周囲は高級ホテルが多いため、ご旅行や結婚披露宴、各種パーティーの直前にご予約される方も多くいらっしゃいます」

 さて、遠野さんは食通の間で評判だった麻布十番の焼き鳥店「門扇」の長女。祖父は往年のプロ野球の名選手、“元祖神主打法”の故・岩本義行さんだ。

「小学校3年の時、おジイちゃんの野球殿堂入りの表彰式が後楽園球場でありましてね。大観衆に見守られながら、おジイちゃんに花束を渡したんですが、すごく楽しくて気持ち良かった。それが芸能界を目指すきっかけになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る