元“土星ろろ”だった大島みづきさん OL転身までの紆余曲折

公開日:  更新日:

 06~07年、日本テレビの深夜バラエティー「第三惑星放送協會ルドイア☆星惑三第」で“土星アイドル”土星ろろとして人気を得た大島みづき(27)さん。雑誌のグラビアなどでも活躍していたが、最近、見かけない。今どうしているのか。

 会ったのはJR渋谷駅から徒歩7分の不動産賃貸仲介業「株式会社うちナビ」本社。総務の男性に導かれ記者の前に現れた大島さん、カッチリした紺色のスーツに茶髪、真っ赤なマニキュアといった装いだ。

「カフェでアルバイトしたりして、この5月まで大阪で暮らし、6月のアタマに東京へ戻って来て、8日からこの会社で働き始めました。当分は試用期間ですね」

 大島さん、まずはこう言った。ハテ、大阪の出身だったっけ?

「いえ、横浜です。ワタシ、韓流が好きで、21歳の時に芸能の仕事をやめてから、1人で半年くらい、ソウルの建国大学語学堂に語学留学したんです。その留学中に同じクラスで仲良くなった友達に誘われて大阪に行きました。バイトはいくつかしましたよ。カフェもその友達に一緒にどう? って誘われたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る