• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元グラドルの遠野舞子さんは“まつエク”サロンの経営者

 雛形あきこ、吹石一恵、山田まりやに共通するのはフジテレビ・ビジュアルクイーン出身であること。本日登場の遠野舞子さんも93年に内田有紀らとともに選ばれ、テレビやグラビアで活躍。その後はタレント、女優と活動範囲を広げた。今どうしているのか。

「いらっしゃいませ。お待ちしていました。奥へどうぞ」

 JR品川駅高輪口から1分、瀟洒なマンションの一室にある「アロハビューティー」を訪れると、笑顔の遠野さんがいた。

「当店は完全予約制のまつげエクステンション、略して“まつエク”サロンです。去年の8月1日にオープンしました」

“まつエク”? オジさんは聞いたことがないゾ。

「まつエクは皮膚やまぶたに直接“毛”をつけるのではなく、すでに生えてるまつ毛の毛根から1~2ミリの部分に、専用の接着剤でナチュラルなカールをした人工毛を1本ずつ丁寧につけて目元をパッチリさせる美容法です。メーク時間が大幅に短縮でき、スッピンでも可愛くいられるから、学生から熟女まで幅広く大人気なんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る