元グラドルの遠野舞子さんは“まつエク”サロンの経営者

公開日:  更新日:

 雛形あきこ、吹石一恵、山田まりやに共通するのはフジテレビ・ビジュアルクイーン出身であること。本日登場の遠野舞子さんも93年に内田有紀らとともに選ばれ、テレビやグラビアで活躍。その後はタレント、女優と活動範囲を広げた。今どうしているのか。

「いらっしゃいませ。お待ちしていました。奥へどうぞ」

 JR品川駅高輪口から1分、瀟洒なマンションの一室にある「アロハビューティー」を訪れると、笑顔の遠野さんがいた。

「当店は完全予約制のまつげエクステンション、略して“まつエク”サロンです。去年の8月1日にオープンしました」

“まつエク”? オジさんは聞いたことがないゾ。

「まつエクは皮膚やまぶたに直接“毛”をつけるのではなく、すでに生えてるまつ毛の毛根から1~2ミリの部分に、専用の接着剤でナチュラルなカールをした人工毛を1本ずつ丁寧につけて目元をパッチリさせる美容法です。メーク時間が大幅に短縮でき、スッピンでも可愛くいられるから、学生から熟女まで幅広く大人気なんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る