• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安めぐみとアイドルユニット 鵜飼真帆さんは地道に女優継続

 98年、安めぐみらと5人組ユニット「SuperH」のメンバーとしてアイドルデビュー。元体操選手の経験から、アクロバチックなポーズもこなせる体育会系キャラで人気だったのが鵜飼真帆さん(36)だ。今どうしているのか。

「しょせん、三流アイドルでしたからね。深夜番組で水着でバク転させられたり、バックブリッジで開脚した股の上からなめるように撮影されたり。このまま脱がされちゃうかも、なんて場面もいっぱいあったけど、もうすぐ母になる今となっては懐かしい思い出です」

 新宿のカフェで会った鵜飼さん、妊娠8カ月、出産間近だ。この4月に結婚した相手は俳優の森川勝太さん。

「結婚を決めた後に妊娠がわかった。つまり、デキちゃった婚じゃありませんよ。2人とも役者で、収入が不安定でしょ。副業しないとやっていけず、妊娠前は4年ほどスポーツジムのインストラクターとして働き、ダイエットトレーナーの資格も取りました。今は役者養成所の講師をやり、ワタシ以上に役者バカの彼はイベントのキャスティングで生活費を稼いでくれてます。おカネはなくても夢がある、おバカで楽しい家庭が築ければいい、っていうのはキレイ事。本心は、できれば売れた~い、ですね、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る