安めぐみとアイドルユニット 鵜飼真帆さんは地道に女優継続

公開日: 更新日:

 98年、安めぐみらと5人組ユニット「SuperH」のメンバーとしてアイドルデビュー。元体操選手の経験から、アクロバチックなポーズもこなせる体育会系キャラで人気だったのが鵜飼真帆さん(36)だ。今どうしているのか。

「しょせん、三流アイドルでしたからね。深夜番組で水着でバク転させられたり、バックブリッジで開脚した股の上からなめるように撮影されたり。このまま脱がされちゃうかも、なんて場面もいっぱいあったけど、もうすぐ母になる今となっては懐かしい思い出です」

 新宿のカフェで会った鵜飼さん、妊娠8カ月、出産間近だ。この4月に結婚した相手は俳優の森川勝太さん。

「結婚を決めた後に妊娠がわかった。つまり、デキちゃった婚じゃありませんよ。2人とも役者で、収入が不安定でしょ。副業しないとやっていけず、妊娠前は4年ほどスポーツジムのインストラクターとして働き、ダイエットトレーナーの資格も取りました。今は役者養成所の講師をやり、ワタシ以上に役者バカの彼はイベントのキャスティングで生活費を稼いでくれてます。おカネはなくても夢がある、おバカで楽しい家庭が築ければいい、っていうのはキレイ事。本心は、できれば売れた~い、ですね、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る