華原朋美 チグハグ発言連発で心配される“お騒がせ女王”復活

公開日:  更新日:

「またなんだか調子がおかしいゾ」――華原朋美(40)が関係者から心配されている。昨年ぐらいから元カレ・小室哲哉(56)のことも普通に話せるようになり、「ようやく完全復帰か」と思われていたのに、ここにきて再びチグハグな言動が散見されるからだ。

 6月の会見で「今、好きな人がいるんで年内には結婚したい」と言ったかと思うと、直後に「ウソでした」と否定したり、7月に入ってプロレスラーからテレビ番組で公開プロポーズされ、「お願いします」と応じたものの、その数日後には「恋愛の可能性はないです」と急に素っ気なくなったり。一方で自身のツイッターでは入浴中やランジェリー姿の写真を公開し、「夜の過激王めざすことにします」と言ってみたり、ちょっと前には明治天皇の玄孫との間で“二股騒動”なども起こしていた。

「ツイッターだけなら今のタレントは多かれ少なかれ、プライベート写真をオープンにしてますし、プロレスラーの求愛も番組上の演出といわれればそれまででしょう。でも相手がかつては“トラブル女王”と言われた朋ちゃんだけに、急に心配になってしまうのです」(芸能リポーター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  4. 4

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る