小室哲哉&華原朋美 17年ぶりの“合体”で取り戻したい過去

公開日: 更新日:

「やっぱり元サヤか」――音楽関係者も得心しているのは華原朋美(40)と小室哲哉(56)の“合体”だ。華原が5月に発売する新曲を元恋人の小室が担当する。両者のタッグは17年ぶりのことだ。

「それもそのはずです。華原は薬物中毒、小室は詐欺事件と、ともにスネに傷持つ身で、なんとか過去の栄光を取り戻したい最中。そのため、両者ともにアノ手コノ手で話題作りに励んでいますが、ほとんど空振りに終わっているのです」(音楽関係者)

 たとえば、華原は明治天皇の玄孫として知られる竹田恒泰氏との“二股破局”のブッチャケ告白のほか、痛風告白、プロレスイベントへの参加など……。

 対する小室も歌手の卵オーディション、浜崎あゆみへの楽曲提供、バラエティー番組での汚れ役挑戦など話題作りに躍起となったが、マスコミの反応はチョボチョボ。せいぜい耳目を集めたのは、「FNS歌謡祭」(13年12月)、「スカパー!音楽祭」(15年2月)での華原との共演ぐらいだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る