• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

暴露トーク連発で評判 華原朋美が身につけた芸能界処世術

 芸能活動を完全復活させた華原朋美(39)の勢いが止まる様子を見せない。それどころか、「イベントに出席すればマスコミが喜ぶような話題を積極的にリップサービス。インタビューでは過去の恋愛や薬物中毒についても包み隠すことなく、アッケラカンと語る。ひと皮もふた皮もむけた印象です」(ワイドショー関係者)と評判も上々なのだ。

 16日はファッションデザイナー・桂由美のブライダルショーにゲスト出演。純白のウエディングドレス姿を披露し、「今までいろんな男性とお付き合いをしてきましたが、真剣に結婚を意識したことなかったんですけど、このドレスを着て鏡を見て、初めて結婚したいという気持ちが強くなりました」とワイドショーやスポーツ紙が喜ぶコメントで現場を沸かせた。

■「小室は成仏させた」

 華原といえば、昨年11月、突如、明治天皇の玄孫として知られる慶大講師の竹田恒泰氏から求愛されていることを女性誌で告白。今年1月にも同じ女性誌のインタビューに応じ、「竹田氏の交際申し込みを3回断った」「自分の中で、彼(注・小室哲哉)とのことが少しずつですけれど、成仏させることできたかなって(笑)。私は今まで何を悩んでいたんだろう」などとぶっちゃけ発言を連発。話題に事欠かない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  5. 5

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  6. 6

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る