• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

DAIGO完走も…北川景子への「公開プロポーズ」なぜなかった?

 視聴者の関心をいかに集めるか――。

「24時間テレビ」(日本テレビ系)が毎年最も尽力することといえば、チャリティーマラソンランナーの人選だ。放送38回目を迎えた今年、制作陣が番組の「主役」として白羽の矢を立てたのは、竹下登元首相の孫であり、ロック歌手でタレントのDAIGO(37)。

 その起用理由は明白で、「DAIGOは今年の『24時間』の総合プロデューサーが担当している2本のバラエティー番組の主要キャストだから」(日テレ関係者)という。

 が、今回の主役はマラソンはもちろんスポーツとは無縁の生活を送るロッカー。練習不足も懸念され、目標の100キロ完走は難しいともいわれていたが、結果は放送終了の15分前にはゴール地点である日本武道館に到着。きちんとした足取りで「今の気持ちはHM。走りました!」と感涙する姿が映し出された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  10. 10

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

もっと見る