• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤原紀香はメリット大…片岡愛之助と「同棲愛」報道の舞台裏

「何でも話せる良き友人」――だそうである。

 歌舞伎俳優の片岡愛之助(43)と藤原紀香(43)の“同棲愛”を発売中の「女性セブン」がスクープして大騒ぎだ。同誌では愛之助が出演していた「五月花形歌舞伎」を観劇した紀香が、終演後に愛之助とその弟子たちとともにレストランで会食。解散後、愛之助は紀香が住むマンションへ愛車で向かい、そのままお泊まりする様子がバッチリ。合鍵まで渡されているというから親密な関係であることは疑いようがない。

 愛之助は27日、自身のブログで報道について否定した上で、「三年位前から、病院を紹介して貰ったり、健康面の事や、何でも話せる良き友人ですし、お仕事も一緒にさせて頂きますので、そう言う意味でもこれからもお付き合いさせて頂きます」とコメントした。

 はたして額面通りに受け取っていいのか。松竹関係者がこういう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  10. 10

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

もっと見る