事務所契約終了の高橋ジョージ 起死回生の一手は“政界進出”

公開日: 更新日:

 三船美佳(32)と離婚係争中の歌手・高橋ジョージ(57)が、所属事務所との契約が終了になり話題になっている。

 事務所側は理由を明らかにしていないが、高橋はつい先日、「地方で開催されたイベントをドタキャンした」と一部で報じられたことから“事実上のクビ”とみられている。離婚訴訟の方も高橋の「モラハラ」が大々的に取り上げられ、形勢不利。「代表作『ロード』の印税が今でも年間1200万円ぐらい黙っていても入ってくる」(音楽関係者)というが、音楽関連以外のオファーを引き受けていた事務所の支えがなくなった今、芸能界における高橋の立ち位置はまさに崖っぷちだ。

「営業の窓口もないのに、このままテレビの世界でやっていくのは厳しいでしょう。しかも、オレ様気質の強い問題児。パチンコの営業だって来る保証はありません」(ワイドショーデスク)

 出演していたドラマの役名「たどころ晋也」名義でCDデビューし、大晦日の紅白狙いを公言するなど“悪あがき”を続ける高橋だが、実は起死回生の「一手」を胸に秘めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  6. 6

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  7. 7

    【神奈川】松沢成文は賞味期限切れ?街頭演説に人集まらず

  8. 8

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  9. 9

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  10. 10

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る