事務所契約終了の高橋ジョージ 起死回生の一手は“政界進出”

公開日:  更新日:

 三船美佳(32)と離婚係争中の歌手・高橋ジョージ(57)が、所属事務所との契約が終了になり話題になっている。

 事務所側は理由を明らかにしていないが、高橋はつい先日、「地方で開催されたイベントをドタキャンした」と一部で報じられたことから“事実上のクビ”とみられている。離婚訴訟の方も高橋の「モラハラ」が大々的に取り上げられ、形勢不利。「代表作『ロード』の印税が今でも年間1200万円ぐらい黙っていても入ってくる」(音楽関係者)というが、音楽関連以外のオファーを引き受けていた事務所の支えがなくなった今、芸能界における高橋の立ち位置はまさに崖っぷちだ。

「営業の窓口もないのに、このままテレビの世界でやっていくのは厳しいでしょう。しかも、オレ様気質の強い問題児。パチンコの営業だって来る保証はありません」(ワイドショーデスク)

 出演していたドラマの役名「たどころ晋也」名義でCDデビューし、大晦日の紅白狙いを公言するなど“悪あがき”を続ける高橋だが、実は起死回生の「一手」を胸に秘めているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る