日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モラハラ示す診断書なし 高橋ジョージが握る“逆転のカード”

「人を介してでも話し合いたい。離婚を意地悪でしてあげないというワケではない」――。

 モラルハラスメント(モラハラ=精神的な暴力や嫌がらせ)が原因で女房に逃げられた男の言い分を裁判所はどこまでくんでくれるのか。

 女優の三船美佳(32)が、夫でロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)に離婚を求めた裁判の第1回口頭弁論が3日、東京家裁で行われた。

 この日は高橋だけが出廷し、三船側は弁護士のみ。報道陣の取材には、この期に及んでも「2人で幸せになる道を探したい。戻れる可能性はあると思っている。僕は最後まで努力するつもりです」と復縁する気マンマンの高橋だが、三船はというと、大阪でABC系のニュース番組「キャスト」に出演し、「今回は弁護士さんと念入りに打ち合わせした。すべて委ねています」「これ以上、皆さまをお騒がせしたくない。お恥ずかしい気持ちでいっぱいです」ときっぱり。高橋との復縁について尋ねられるも「それは難しいと思います」と言下に否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事