• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モラハラ示す診断書なし 高橋ジョージが握る“逆転のカード”

「人を介してでも話し合いたい。離婚を意地悪でしてあげないというワケではない」――。

 モラルハラスメント(モラハラ=精神的な暴力や嫌がらせ)が原因で女房に逃げられた男の言い分を裁判所はどこまでくんでくれるのか。

 女優の三船美佳(32)が、夫でロックバンド「THE虎舞竜」の高橋ジョージ(56)に離婚を求めた裁判の第1回口頭弁論が3日、東京家裁で行われた。

 この日は高橋だけが出廷し、三船側は弁護士のみ。報道陣の取材には、この期に及んでも「2人で幸せになる道を探したい。戻れる可能性はあると思っている。僕は最後まで努力するつもりです」と復縁する気マンマンの高橋だが、三船はというと、大阪でABC系のニュース番組「キャスト」に出演し、「今回は弁護士さんと念入りに打ち合わせした。すべて委ねています」「これ以上、皆さまをお騒がせしたくない。お恥ずかしい気持ちでいっぱいです」ときっぱり。高橋との復縁について尋ねられるも「それは難しいと思います」と言下に否定した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る