東海大相模Vに反応の矢口真里に“にわかファン癖”再発の声

公開日: 更新日:

 昨年10月に芸能活動を再開するも、エステのイメージキャラクター「脱毛娘。」から一人だけ降板するなど、お騒がせ続くタレントの矢口真里(32)に対し、<久しぶりに本領発揮>との声が上がっている。

 20日に東海大相模が夏の甲子園大会で45年ぶりの優勝を飾ると、同校を祝福する記事をブログに掲載。<甲子園神奈川県代表東海大相模の皆さん優勝おめでとうございます!!!!!! 凄い!!! 私もすごく嬉しいです 暑い熱い夏!!! 本当に素敵でした 本当に本当におめでとうございました!!! そして、お疲れ様でした>とつづったことに、ネット上で「またか…」の大合唱なのだ。

 原因は、何が話題になるたびにファンを公言する、矢口の“にわかファン”疑惑。だからなのかネット掲示板には、<何の関係もないだろう><ほんと何にでも擦り寄るその姿勢が大っ嫌い>などの声が殺到。矢口が神奈川県出身であることを知る者は、<神奈川県民だったってだけで乗っかるって根性が凄いな>との声も寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ルパンの娘」で“55歳美魔女”怪演 42歳小沢真珠の女優魂

  2. 2

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  3. 3

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  4. 4

    市場が警戒…参院選後の日本を超円高と株価暴落が襲う

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  7. 7

    大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

  8. 8

    「ぎぼむす」vs「奥様は、」綾瀬はるか次回作の熾烈争奪戦

  9. 9

    「Heaven?」好発進は“PR効果”?石原さとみに訪れた正念場

  10. 10

    NHKとテレ東は参院選開票特番「もう、やめたい」が本音

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る