• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東海大相模Vに反応の矢口真里に“にわかファン癖”再発の声

 昨年10月に芸能活動を再開するも、エステのイメージキャラクター「脱毛娘。」から一人だけ降板するなど、お騒がせ続くタレントの矢口真里(32)に対し、<久しぶりに本領発揮>との声が上がっている。

 20日に東海大相模が夏の甲子園大会で45年ぶりの優勝を飾ると、同校を祝福する記事をブログに掲載。<甲子園神奈川県代表東海大相模の皆さん優勝おめでとうございます!!!!!! 凄い!!! 私もすごく嬉しいです 暑い熱い夏!!! 本当に素敵でした 本当に本当におめでとうございました!!! そして、お疲れ様でした>とつづったことに、ネット上で「またか…」の大合唱なのだ。

 原因は、何が話題になるたびにファンを公言する、矢口の“にわかファン”疑惑。だからなのかネット掲示板には、<何の関係もないだろう><ほんと何にでも擦り寄るその姿勢が大っ嫌い>などの声が殺到。矢口が神奈川県出身であることを知る者は、<神奈川県民だったってだけで乗っかるって根性が凄いな>との声も寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る