東海大相模Vに反応の矢口真里に“にわかファン癖”再発の声

公開日:  更新日:

 昨年10月に芸能活動を再開するも、エステのイメージキャラクター「脱毛娘。」から一人だけ降板するなど、お騒がせ続くタレントの矢口真里(32)に対し、<久しぶりに本領発揮>との声が上がっている。

 20日に東海大相模が夏の甲子園大会で45年ぶりの優勝を飾ると、同校を祝福する記事をブログに掲載。<甲子園神奈川県代表東海大相模の皆さん優勝おめでとうございます!!!!!! 凄い!!! 私もすごく嬉しいです 暑い熱い夏!!! 本当に素敵でした 本当に本当におめでとうございました!!! そして、お疲れ様でした>とつづったことに、ネット上で「またか…」の大合唱なのだ。

 原因は、何が話題になるたびにファンを公言する、矢口の“にわかファン”疑惑。だからなのかネット掲示板には、<何の関係もないだろう><ほんと何にでも擦り寄るその姿勢が大っ嫌い>などの声が殺到。矢口が神奈川県出身であることを知る者は、<神奈川県民だったってだけで乗っかるって根性が凄いな>との声も寄せられた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る