大怪我から復活 杉野希妃が感じた変化「心の動きに敏感に…」

公開日:  更新日:

 今年1月、プロデューサー兼女優として参加していたオランダのロッテルダム国際映画祭開催中、タクシーにはねられ生死をさまよう大けがをした杉野希妃。順調にリハビリを進める彼女が、壮絶な体験を振り返りつつ最新作と今後の活動について語った。

「両足をひどく骨折し、事故直後は二度と歩けないのかなって思ってました。表現者なのにもう自分の体で表現できないと思うと何も考えられなくて……。でも5日後くらいに母が、1年ぐらい頑張れば復帰できるそうよって医師に聞いてきてくれて。また歩けるというその言葉に、どれほど安心感をもらえたことか」

 大学在学中に留学したソウルで女優デビュー後、世界的な映画監督キム・ギドク作品に出演。その後進出した監督業でも、釜山国際映画祭・最優秀新人監督賞など破竹の勢いだった最中の事故。

「その時まで、自分はこういう事故みたいなものには絶対遭わないんだって変な自信を持ってました。でも実際には、人生良いことも悪いことも起こりうると思い知らされましたね。逆に、何もない時こそ奇跡なんだということを」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る